株式会社水谷建設工業 神戸市兵庫区 寛ぎ、安らぎ、語らいのある「ありがとうの家」を創っています。住宅の新築、分譲、リフォーム、増改築の事ならヘーベルハウス指定工事店である当社にお任せください。

ありがとうの家創り Wht's New 施工事例 本日の状況報告 ありがとうの街
家創りお役立ち情報 リフォームお役立ち情報 何でも相談 Q&A 会社情報 アクセスマップ

知っておきたい家創りの基本情報3:神戸市兵庫区、住宅の新築、分譲、リフォーム、増改築、ヘーベルハウス
 
住宅工法:神戸市兵庫区、住宅の新築、分譲、リフォーム、増改築、ヘーベルハウス 「工法」と「構造」は違いますが、基本的には「基本構造躯体(くたい)が何によって構成されているか」が1つのポイントです 。
「構造」で分類しますと 住宅の建築物の工法には、大きく分けて「4タイプ」に分けられます。

1. 木造
2.RC造(鉄筋コンクリート造)
3.鉄骨造
4.SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)

以上 の4タイプに分類される事が多いです。 その他にも、上記の工法が併用された「混構造」、最近ではあまり見られなくなった「組積造」などがあります 。
住宅では木造、RC造、鉄骨造、混構造が主となり 、SRC造は高層ビルや大型施設などに用いられる事が多く、一般的には住宅構造には使われません。
住宅に特記しますと、上記の中でも木造が多く、その木造の中でも「在来木造軸組工法」 「2×4工法」、「伝統軸組工法」が上げられ 最近特に強い関心を持たれているのが「金物工法」です。
軸組工法でありながら、接合部を「特定の金物」で接合する事により、構造計算が可能となり 、今まで木造で問題になりがちであった、接合部分を構成しているため断面欠損を可能な限りなくし 、構造躯体自体もエンジニアリングウッドと呼ばれる材料を使用する事が主となり、耐震性・耐久性に優れています。
木材の持つ特性(加工の容易性・熱伝導率の低さ等)を損なわずに金物で合理的に組み立て 、計算された構造システムを持ち、バラツキの少ない強度性能を発揮する事が可能となりました。
この「金物工法」の中でも、さまざまな名称の物があり、一例を挙げますと 「SE工法」・「クレテック金物工法」・「ロケット工法」・「HS金物工法」などがあります 。
弊社では、基本的に可能な限りこの「HS金物工法」を標準採用と位置づけております。  
   
   
シックハウスについて:神戸市兵庫区、住宅の新築、分譲、リフォーム、増改築、ヘーベルハウス

建築基準法に基づくシックハウス対策について 、説明いたします。
この対策は、ホルムアルデヒドの発散量に基準を設けること、換気により排出するこ とが基本となっています。
●シックハウス対策の規制を受ける化学物質
クロルピリホス及びホルムアルデヒドが該当します(令第20条の5)。  

●クロルピリホスに関する規制
居室を有する建築物には、クロルピリホスを添加した建築材料の使用が禁止されています(令第20条の6)。

●ホルムアルデヒドに関する規制
内装の仕上げの制限:居室の種類及び換気回数に応じて、内装の仕上げに使用するホルムアルデヒド発散建築材料は 面積制限を受けます(令第20条の7) 。換気設備の義務付け:内装の仕上げ等にホルムアルデヒド発散建築材料を使用しない場合であっても、家具等からも ホルムアルデヒドが発散されるため、居室を有する全ての建築物に機械換気設備の設置が 原則義務付けられています(令第20条の8)。天井裏等の制限:天井裏等は、下地材をホルムアルデヒドの発散の少ない建築材料とするか、機械換気設備を 天井裏等も換気できる構造とする必要があります(平成15年国土交通省告示第274号第1第三号)。 詳しい建築基準法につきましては、国土交通省ホームページ→http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/build/sickhouse.html

●シックハウス対策、こんなところにも気を付けましょう!
建築基準法さえ守ればシックハウス対策十分、というわけではありません。 住宅選びに当たっては、トルエン、キシレンなど他の化学物質対策もしっかりチェックしましょう。また、家具や防虫剤、化粧品、タバコ、ストーブなども化学物質の発生源となります。身の回りの日用品や換気など住まい方にも充分気を付けましょう。          

   
   
高断熱・高気密について:神戸市兵庫区、住宅の新築、分譲、リフォーム、増改築、ヘーベルハウス 高気密・高断熱とは?
断熱、気密性能が高いと、省エネルギーなので毎月の光熱費が安い!結露しにくいのでカビやダニの発生が低い!花粉やじん埃が侵入しにくい!といった効果があります。
結露は湿気を好むカビ・ダニの発生しやすい環境となり、小児ぜんそくやアレルギーの原因になるばかりでなく、 住宅の寿命を短くするともいわれており、人ばかりか家そのものの健康を阻害する要因となるのです。
一方、「高断熱・高気密住宅」は、屋外の寒さや暑さをシャットアウトするだけでなく、室内の温度差も少なくできるため、 結露はもとよりカビ・ダニの発生を抑え、快適でクリーンな住宅環境を保つことができるのです。高気密だけでは物足りない!高断熱だけでは物足りない!高気密・高断熱での快適さも建物の機能の大切な一つです。  

   
 

ありがとうの家創り
Q&A
建設業許可/兵庫県知事(特-23)第111192号
〒652-0006 神戸市兵庫区神田町25-3
TEL.078(361)1011  FAX.078-(361)2226
e-mail:info@arigatoo.cc